損害・火災・自動車・ペット・旅行・家財などあらゆる保険を網羅! 知って得する保険ナビ 

相談員に何を聞いたらわかるかもわからない人急増中!?保険に関するあらゆる知識を網羅します。

知って得する保険ナビ

健康保険や生命保険、自動車保険などなど…。私達は当たり前のように保険に入っていますが、そもそも保険とはなんでしょうか。保険とはみんなでお金をすこしずつ出し合って、困難に直面した人を経済的な面から助ける相互扶助の精神に基づき作られたものです。偶然、交通事故にあってしまった、長期療養が必要な病気になってしまった、火事が原因で家が焼失してしまったなど、私達の日々の暮らしには様々なリスクが潜んでいます。しかも、そのリスクはある日突然起こり、予測がたてられません。しかも、これらに直面した時には多額の資金が必要になる場合があります。そんな時、それに対応できるだけのたくさんの貯蓄があればよいのですが、貯蓄を上回る資金が必要になる時もあります。そんな時に役に立つが保険です。負担にならないような保険料を払い込むことで、万が一の時には損害賠償金や死亡保険金の大きな補償を受け取ることができます。

保険の種類

保険にはまず公的保険と私的保険があります。公的保険とは国や地方自治体の保険で国民健康保険や年金保険などがあります。私的保険は一般的な生命保険や損害保険、それ以外の第3分野の保険があります。

生命保険は、文字通り人の生命(健康)に関わる保険で病気になった場合、生死などに必要となる費用に備える保険です。死亡した時に受け取る死亡保障、病気やケガをした場合の医療保障などがあります。また、貯蓄性の高い養老保険、老後のための資金には個人年金保険などもあります。損害保険は、自動車事故や自然災害、海難事故などによって起こる偶然の事故によって生じる実際の損害を補償する保険の総称です。ケガや死亡、後遺傷害などには傷害保険、物の損害リスクには火災保険や車両保険があります。また、損害賠償責任リスクには個人賠償責任保険などがあります。

最後に第三の保険とは生命保険や損害保険に属さない保険です。医療(費用)保険やがん保険、介護(費用)保険、所得保障保険などがあります。取り扱いは生命保険会社と損害保険会社の両方で取り扱っています。

契約方法

保険の契約には営業員と直接会って契約する「対面型」と郵送でもう鋳込みをする「通販型」、インターネットで申し込みをする「インターネット型」の3つがあります。「対面型」は営業の人に疑問点などを質問できるのが強みです。「通販型」は、コールセンターやFAX、インターネットで資料請求・見積もり・問い合わせに対応します。「インターネット型」は、募集・見積もり・申し込みまで一貫して24時間インターネットで行い、約款等の書類もすべてインターネット上で行います。後者2つは保険を比較検討したり、保障(補償)請求する場合、それが対象になっているかどうかの判断と請求を自己責任で行わなければならないので、加入者自身の保険の知識が要求されます。

検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017損害・火災・自動車・ペット・旅行・家財などあらゆる保険を網羅! 知って得する保険ナビ .All rights reserved.